良い条件で転職するために|資格が無くても働ける介護求人|実務経験を積めてステップアップ可能
女性たち

資格が無くても働ける介護求人|実務経験を積めてステップアップ可能

良い条件で転職するために

男性

思わぬところから紹介も

転職するきっかけは自発的なものよりも他者からの紹介などが多いのです。いわゆるヘッドハンティングなのですが、持ち掛けられる条件は大抵が現在就いている報酬や待遇面においても好条件となっています。多くのサラリーマンが現状の業務に関して多かれ少なかれ不満を抱いており、好条件でのヘッドハンティングを受けてみたいと思われるのも当然であると言えます。しかしこうしたヘッドハンティングは業界内で能力のある人間であるならばともかく一般の方からすればどのように接触すれば良いのでしょうか。ヘッドハンティングされた経験のある方に尋ねてみると、仲介者を介した紹介が多いようです。例えば仕事のお得意先や学生時代の先輩など交流が多い人であればある程、引き抜かれる対象となりやすい環境にあるようです。

ネットでの活用

そして今はネット社会であり、ヘッドハンティングに限らず転職活動においてはネットを活用する機会がとても多いのです。先述したように交流の数が多ければ引き抜きの対象にされる確率は高くなりますが、そうでない方はネットを介した形でヘッドハンティングされるようです。登録したSNSで他者とやり取りしていたら相手がライバル社の関係者だったことでヘッドハンティングされたといった事例もあるようです。労働者人口が減少していることもあり、以前に比べるとヘッドハンティング市場は活況も見せており色んな媒体から引き抜きを行っています。される側としても好条件であれば乗りたいところでしょうが、注意しておきたいポイントもあります。面接の段階で好待遇を突き付けられて転職したものの、色んな条件を付加されて実際には前の会社の時に比べて待遇が悪くなったという事例もあります。ヘッドハンティングされて良い条件を提示されても即決はせずに、条件等をメモしておいて自分で調べたり、疑問に感じたところを後日改めて尋ねるようにして最終的に自分が納得した上で転職を決めることが大切です。